コーヒーが好きならバリスタの資格を習得しよう

就職に直結した進学先

コック

調理専門学校には様々なコースが設置されており、在学中に技術を学ぶことで、レストランなどに就職できるでしょう。和食と洋食の調理やお菓子作りのテクニックが学べることや、栄養士の資格取得も目指せるのが特徴的です。

未経験者歓迎

ウェイトレス

沢山あるカフェスクールの中でも、クラスの人数が少なく、初心者からでも基礎から学べるところを選ぶといでしょう。カフェスクールに通うことで、現場で活躍しているプロから、カフェの知識や技術だけでなく経営のノウハウについても学ぶことができます。また、週一からでも通うことが可能であるため忙しい人でも、無理なく通えます。

好きなことを仕事にする

バリスタ

プロとしての必要性

お客様に最高のコーヒーを提供するプロをバリスタといいます。バリスタはイタリアが本場であり、近年日本でも需要が増えています。バリスタになるためには、特に専門的な資格が必要ではありません。しかし、資格を持っていることで仕事に就きやすくなります。また、お客様からバリスタへの信頼度が高まります。コーヒー関連の資格として有名なのが、コーヒーマイスターです。コーヒーマイスターは日本スペシャルティコーヒー協会が認定する、プロのバリスタになるための第一歩のための資格です。取得するためには、コーヒーマイスター養成講座を修了して筆記試験に合格する必要があります。自宅でも講座は受講することができるため、仕事をしている人でも空き時間にしっかり勉強することで合格することができます。

学ぶことの大切さ

バリスタには特別な資格は必要ありませんが、コーヒーへの熱意や豊富な知識は必要となります。一から勉強を始めるには、専門学校で学ぶことが一般的です。専門学校はコーヒーの基礎知識はもちろんのこと、バリスタとしての振る舞いを学ぶこともできます。その他にもカフェ経営の知識も学ぶことができるため、開業したい人もしっかりと知識を身に付けることができます。学校へ通うことでモチベーションも上がります。また、同じような夢を持った仲間と出会うことによって仲間同士での情報交換をすることができるといったメリットもあります。バリスタは接客業でもあるので、コーヒーの基礎知識を身に付けるだけはなく、実際に店に立ってお客様とのコミュニケーションの勉強をすることも、資格取得と平行して行なうことが大切です。

基礎から応用まで学ぼう

女の人

ベーカリーショップを経営するためには、専門的な知識を付けなければなりません。そのためには卒業までに確かなスキルが身につけられるパン作り専門学校で学ぶことが大切です。卒業後のサポート体制が充実しているところだと安心です。

このエントリーをはてなブックマークに追加